アルゴリズムとは1

アルゴリズムとは?今さら聞けないキーワードを解説!

近年、「アルゴリズム」という言葉をよく耳にすることも多いでしょう。たとえば、「Googleのアルゴリズムが変更した」なんてネット関連のニュースを目にすることもあります。では、「アルゴリズム」とはIT関連の特別な専門用語なのでしょうか?

今回は、そんな「アルゴリズム」について簡単に分かりやすく説明していきたいと思います。

「アルゴリズム」とは?プログラミング言語??

アルゴリズムとは2

アルゴリズムと効くとどうしてもIT関連、プログラミング言語と思われる方も多いようですが、アルゴリズムとは、簡単にそしておおざっぱにいえば「手順や計算方法」いわゆる「やり方」のことを示します。何事も同じ結果にたどりつく“やり方”“方法”は多数ありますよね。

アルゴリズムは、IT関連に限らず、医療や心理学など様々な分野、そして私たちの日常生活の中に存在する言語です。物事によってたくさんのアルゴリズムが存在します。「手順を踏んで、次に進む」ことがアルゴリズム的な発想です。

どんなアルゴリズムも“手順を踏んで効率的に結果にたどり着くことができる”アルゴリズムを選ぶことが重要になってきます。

日常生活の中のアルゴリズムとは?

アルゴリズムとは3

ここでは私たちの日常生活に存在するアルゴリズムを料理を例に実際に考えてみましょう。

たとえば、お味噌汁を作る時。時短でのお味噌汁の完成を最終目的にする場合。その野菜の切り方をフォーカスしてみることにしましょう。どんな野菜の切り方をすれば、1番少ない回数で切ることができるのか。

その切り方の手順は様々あり、最も一番少ない回数で切り終わることが最も効率的なアルゴリズムです。

医療におけるアルゴリズムとは?

診断や治療の手順を医療におけるアルゴリズムと言い表すそうです。医療分野のアルゴリズムには、”ACLSアルゴリズム”と呼ばれる二次救命処置のアルゴリズムが有名です。

ITのアルゴリズムとは?

IT、コンピューターにおけるアルゴリズムには多数あります。ネットワークの利用効率を高めるための「ネーグルアルゴリズム」。

Googleなどの検索エンジンで検索結果の順位を決める際に使用する「ランキングアルゴリズム」などがあります。

心理学のアルゴリズムとは?

心理学でもアルゴリズムを使用します。認知心理学的な意味のアルゴリズムは、決まったルールや手順を使って何かを決めることを示します。

自分の経験に基づいて考えるヒューリスティックという手法にアルゴリズムをサポート的に使用すると効率的な物事が決められるようです。

まとめ

アルゴリズムとは4

もっとも私たちがアルゴリズムから恩恵を受けているのが日常で使われているWEBサービスです。膨大なWebページの中から、ユーザーの検索に沿ったページがすぐに表示されこともアルゴリズム(サーチアルゴリズム)を使用しているので可能になります。

InstagramなどのSNSで機能の活用の履歴、友人関係などの情報を元にあなたにどんなニュースフィードに優先的に表示させるかなど決めているのもアルゴリズムだからこそのサービスです。

私たちの生活のいたるところに存在するアルゴリズムですが、特にコンピューターサイエンスでは、アルゴリズムなしでは語れない大切な“コンピューター科学の核心”のようです。