オンラインショップって?ECサイトとの違いや注目される業種を3つご紹介!【2021年】

オンラインショップ1

オンラインショップとは、わかりやすくいえば、オンラインで、WEB上に展開される店舗のこと。オンラインショップは、今や私たちの生活の中でなくてはならないものの一つともいえるでしょう。スマホやPCを使用してタップ一つで物が簡単に購入できるオンラインショップ。

日常的には、オンラインショップの他、ECサイト、ネットショップ、ネット通販など表現も使われており、これらの表現は、何がどう違うのかなども知りたいとことです。

今回はオンラインショップについて大解剖すると同時に、今後オンラインショップで注目される業種をご紹介します。

オンラインショップとは?

オンライン ショップとは、インターネットで日用品、電化家電、洋服、チケットなどサービスや商品を販売するサイトのことを示します。

購入者は、WEBサイトのページから自分が欲しい選択、決済まですべてネット上で済ませることが可能です。決済は、クレジットカード払い、電子マネー、銀行振り込みなどさまざまサイトによって異なります。

呼び方の違いが生じるのは、年代の違いの他、消費者から使われやすい呼び名が、「オンラインショップ」。運営者サイドから使われている言葉が「ネットショップ」、「ECサイト」と呼ばれることが多いようです。

オンラインショップのメリット

オンラインショップ2

オンラインショップのメリットの一つは、運営者が店舗を開店する費用が安いという点があげられます。オンラインショップの開店に必要な物は、サイトの開設費用とサイトの維持費用のみ。現在はこの2つも無料で利用できるプラットフォームもあるので、実店舗を開店するよりもはるかに安く、簡単にお店を開店することができます。

また、販売するターゲットが広くなることもオンラインショップのメリットの一つといえるでしょう。インターネットを利用している人であれば、日本に限らず海外でもどこでも購入することができるように設定することができるのは、うれしいメリットですよね。

お客様への質問の返信などは必要になりますが、基本的に開店、閉店時間がなくなるため時間に縛られず商品を販売できるのも魅力の一つといえるでしょう。

【無料で開けるオンラインショップ】

SQUARE

BASE

オンラインショップのデメリット

便利なオンラインショップですが、もちろんデメリットもいくつかあります。例えば、お客様と直接会って話すこともないため、リピーターを作る事が難しい他、オンラインでは、商品の価格比較が簡単にできることから、価格競争が激しくなること。また、オンラインショップは、星数あるのでショップを消費者に見つけてもらうのには、時間や、SEO対策、オンライン広告などの出費や努力が必要になります。

オンラインショップと実店舗との違いは?

オンラインショップ3

オンラインショップは、開店のコストがぐんと安く誰でも気軽にお店を開店することができますが、実店舗と異なり、お客様と直接接することができないことが一番の違いといます。

どちらもメリット、デメリットがありますが、ビジネスを小さく初めて大きくする方は、オンラインショップから実店舗オープンする。もしくは、実店舗があるが、支店オープンを考えている方は、支店をオンラインショップにみたててみるなど、運営者によってさまざまな利用方法がありそうです。

注目されるオンラインショップ業種3種

携帯電話各種オンラインショップ

携帯電話各種オンラインショップは、オンラインショップ経由でしか契約できないお得なサービスなどもWEB限定割引などの提供が多いサービスです。通信料金をお得に使いたい方には、目が離せないオンラインショップの一つです。

メガネ・サングラスのオンラインショップ

くもり止めレンズブルーライトカットレンズ調光レンズがオンラインショップ限定で0円!などオンラインショップで購入するとお得なサービスがあり見逃せません!

化粧品ブランドオンラインショップ

オンラインショップだけで買えるブランド限定品商品などがあり、購入しなくても一度はチエックしたいオンラインショップです。

まとめ

オンラインショップ4

オンラインショップは、「ネットショップ」や「ECサイト」など他の呼び名もあるインターネット上で商品やサービスを販売するサイトを指します。

今後、5Gと呼ばれる次の世代となる第5世代移動通信システムが進みさらにネット生活の幅が広がるといわれている今後、オンラインでモノやサービスを販売するということはさらに注目されるビジネスの一つになるのではないでしょうか?

【関連記事】

オンラインビジネス6選!初心者でも気軽に始められるビジネスをご紹介!!【必見】