オンライン資格確認ってなに?2021年10月に本稼働予定のオンライン資格確認について徹底解剖!

オンライン資格確認1

 

オンライン資格確認は、3月下旬に本格稼働が予定されていた「オンライン資格」半年間の延期を経て、2021年10月を目途に稼働する予定です。

とはいえ、オンライン資格確認とはいったいどういう確認なのでしょうか? 今回は10月に稼働されるオンライン資格確認について、どんな利点があり私たちの生活にどうかかわるのかについてご紹介します。

オンライン資格確認とは?

オンライン資格確認2

オンライン資格確認は、マイナンバーカードのICチップもしくは、健康保険証の記号番号等からオンラインで資格情報の確認ができるシステムです。

オンラインで資格確認ができれば、保険証の入力の手間が減る他、レセプトの返戻しも減り、窓口の処理が軽減される他、患者側も限度額確認書を持参しなくてよいなどのメリットがあります。

オンライン資格確認延期の理由

元々は、2021年3月下旬に本格稼働が予定されていたオンライン資格確認ですが、社会保障審議会医療保険部会で3月下旬に2021年10月下旬の本稼働にスケジュールが変更されました。

医療機関・薬局側のシステム改修の遅れ、世界的な半導体不⾜によるパソコン調達の遅れ、導入準備の遅れ、オンライン資格確認 カードリーダーの生産の遅れなど「導入準備の遅れ」と、保険者側の「データ不備」が主たる理由のようです。準備の遅れ等は、新型コロナウイルスの影響もかなり大きくかかわっているようです。

それでは、ここからはオンライン資格確がどのようにメリットをもたらすのか詳しく紹介していき来たと思います。

オンライン資格確認のメリット①情報入力による時間を削減

オンライン資格確認3

今までは病院の受付で健康保険証を受け取り、保険証記号番号、氏名、生年月日、住所等をすべて医療機関システムに入力する必要があり事務手続きの手間がかかっていました。オンライン資格確認を導入することにより、マイナンバーカードを利用すれば、最新の保険資格を自動的に
医療機関システムで取り込むことができます。また、通常の保険証を利用しても、保険証記号番号などの最小限の情報を入力することにより、その保険証が有効であれば同様に資格情報を取り込むことができます。

オンライン資格確認のメリット②レセプト返戻の時間の削減

元来は、レセプト請求後に患者が再度受診した際に最新の資格情報を取得していないか確認し、窓口職員は、保険者や審査支払機関からの問い合わせに対応。その後、最新の資格情報を確認後、再申請をおこなっていましたが、オンライン資格確認を使用すればこの手間がすべてなくなりかなりの削減になります。

また、審査支払機関にて加入者の資格情報の有効性を確認し、受診日・調剤日時点の資格情報に基づいてレセプト請求先を振替・分割を行われるのでかなりの手間が省かれることになりますね。

オンライン資格確認のメリット③ほかの認定証との連帯

入院や外来医療で高額な費用がかかる際に事前に限度額適用認定証等の交付を受ければ、保険医療機関に提示することによって、高額療養費該当分を差し引いた額を医療機関窓口で支払うことができます。

また、オンライン資格確認を利用すれば、限度額適用認定証、限度額適用・標準負担額減額認定証の情報をマイナンバーカードや健康保険証の提示によって取得可能になります。

オンライン資格確認のメリット④特定健診情報の閲覧が可能

患者の同意をマイナンバーカードで確認した上で、薬剤情報は医師、歯科医師、薬剤師、特定健診情報は医師、歯科医師それぞれの有資格者が患者の薬剤情報・特定健診情報を閲覧することができます。また、災害時においての薬剤情報・特定健診情報の閲覧も可能になるというメリットが挙げられます。

まとめ

オンライン資格確認4

マイナンバーカードのTVのCMでもマイナンバーカードは、健康保険証になるといっていましたが、マイナンバーカードのICチップ内の利用者証明用電子証明書がオンライン資格確認で利用されることによるものようですね。マイナンバーカードの作成を迷っている方はもう一度この機会に検討をしてみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

量子コンピュータっていったい何?誰でも簡単に理解できる仕組みや現状をご紹介!