ペイパル(PayPal)とは?使い方や3ステップ登録など簡単に解説

ペイパル_1

ペイパル(PayPal)は、アメリカで1998年にスタートしたインターネット上で利用できる決済&送金が可能な決済サービスです。オンラインでの買い物や送金に使用することによって安全な決済が可能になるサービスとして現在世界中で利用されています。

本記事では、ペイパル(PayPal)の利点や登録方法など役立つ情報をわかりやすく解説します。

ペイパル(PayPal)で、できること

ペイパル_2

1, 送金&送金受け取り【国内外】

PC、スマートフォンのアプリで国内、国外ともペイパル(PayPal)を利用しての送金、送金受け取りが可能です。

日本国内の送金であれば、ペイパルアカウントに銀行口座を登録して口座振替の設定をあらかじめ行っていれば、友達や家族への送金は無料です。

自分が保有している通貨と異なる海外送金をする場合は、送金手数料(499円/1件)と通過換算手数料(送金側4%もしくは、受け取り取り側3% がかかります。送金金額の上限は、国内、海外とも1回100万円です。

2,オンラインショッピングでの支払い

事前に登録しているIDとパスワードを入力すれば、簡単にオンラインショッピングができます。登録したクレジットカード番号などの支払い情報はペイパルが保護しているので、ショッピングサイトに知られることや万が一情報が洩れることもありません。

また、サービスを利用して代金を支払った際に、商品(またはサービス)が届かない、もしくは、届いた商品がサイト上で説明されている内容と大幅に異なっている場合は、代金を支払った日より180日以内に手続きを行えば返金してもらえる買い手保護制度があります。

 

ペイパル(PayPal)のデメリット

ペイパル_3

メリットが多いペイパル(PayPal)ですが以下のようなデメリットもあります。

アカウント情報をしっかりと保持する

アカウントのパスワードを保管しなければならなく、アカウントの取り扱いに注意しなければなりません。他の保持している多数のアカウント同様に、アカウントのパスワードは厳密に管理しましょう。

フィッシングメールに狙われる

セキュリティの安全性が高いことで有名なペイパル(Paypal)ですが、世界でも1,2を争う有名決済システムなので、パスワードを盗み出そうとするフッシングメール被害にあうことがあるので注意しましょう。

一括払いのみの決済

PayPal上では、残念ながら分割払いを選択することができません。分割払いを希望する場合は、ペイパル(Paypal)の決済後、登録したクレジットカードで分割払いをしたい決済の分割払い手続きやリボ払いに変更する手続きをすることを忘れずにしましょう。

ペイパル(PayPal)の登録方法

ペイパル_4

登録も年会費も無料のPayPal。新規登録手続き方法は以下の3ステップになります。

1, 新規登録
2, 携帯電話番号を入力
3, 入力した電話番号に送られたショートメール(SMS)のコードを入力
4, プロフィール設定の画面で
  メールアドレス
  国籍
  名前
  希望するパスワード
を入力する。
5, 住所登録のページで住所を入力
6, 支払い方法を選択する
支払いは、「クレジットカード」、「デビッドカード」もしくは指定の銀行口座から選べます。
7,登録したメールアドレスに届いた認証メールを確認して完了

ペイパル(PayPal)の送金方法

アプリを使っての入金方法をは特に簡単です。

アプリからログインする場合は、まずは、「支払い」を選択しします。そして、送金先のメールアドレスを入力し、送金金額を入力。最後に支払いタイプで、「個人間への支払い」を選択すれば完了です。

送金相手は事前にPayPalの登録が必要になります。また、個人間での送金・集金を事前に検討している方は、アカウントに銀行口座を登録して口座振替設定をしておくとよいでしょう。

まとめ

18歳未満が利用できる登録費決済系フィンテックであるPayPalをご紹介しました。期間によっては、お友達紹介プレゼトなどのキャンペーンを実施しています。これらのキャンペーンを上手に利用して入会をしてみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

オンラインビジネス6選!初心者でも気軽に始められるビジネスをご紹介!!【必見】